頭の怪我・頭部外傷

いま、頭を打ったとき

私達が頭をうったときは、脳にいろいろな変化がおこることがあります。
とくに、頭の中に出血をしてしまうと生命に危険を及ぼすことがあるので、注意が必要です。頭をうった後、元気だった人が急に意識がなくなってしまうことしばしば見受けられます。

そのため、自宅内でも、スポーツ中でも、頭を強く打った場合は、受診をすることをお勧めします。

特に下記のような症状が出現した場合は、すぐに受診してください。

  • 痛みが激しい時
  • 吐き気や嘔吐が何回も起こるとき
  • 意識がぼんやりするとき
  • 手足がよく動かしにくいとき
  • ひきつけ(痙攣)をおこしたとき

当クリニックでは
月曜日から土曜日 9:00~17:00
の間であれば、緊急に診察・検査をすることができるのでご連絡ください。
電話:03-5573-8822

もし、夜間や休日の時には、
#7119
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/kyuu-adv/soudan-center.htm
に連絡をして救急隊と相談してみてください。

過去に頭を打ったことがあるとき

過去に頭を打ったことがある場合の多くはとくに問題がないことが多いのですが、慢性的に頭痛がする時には受診することをお勧めします。なかには、頭を打ってから1~3ヶ月後に、頭日がたまってしまう(慢性硬膜下血腫といいます)ことがあります。

スポーツ中の怪我の場合

部活動やスポーツ中に頭を打ってしまい脳振盪を起こした場合は、医師の診断が必要になりますので受診してください。
日本体育協会スポーツドクターである院長が今後の対応をアドバイスさせていただきます。

◆院長コラム

スポーツによる脳震盪、気をつけるべきことは?
http://coffeedoctors.jp/news/35/

スポーツドクターは警鐘を鳴らす。「羽生結弦選手の“脳震盪”をみんなナメている!」
http://allabout.co.jp/newsdig/w/74543

◆参考資料
国際ラグビーボード 脳振盪ガイドライン (一般向け)
https://www.rugby-japan.jp/about/committee/safe/concussion/guideline.pdf

菅原クリニック 東京脳ドック

〒107-6102 
港区赤坂5-2-20赤坂パークビル2F
03-5573-8822
FAX03-5573-8820

営団地下鉄千代田線赤坂駅より徒歩5分。
丸の内線・銀座線赤坂見附駅より約10分。
詳しいアクセスを見る >

診療時間日/祝
9:00〜17:00
脳ドック予約
菅原クリニック「東京脳ドック」アクセス地図
03-5573-8822
脳ドックのご予約
  • Scroll Up